医療プレイ患者Side

写メ日記で2016年3月24日に公開したものです。


 

まさかこの歳でお医者さんごっこをするなんて

「ちょっと、からだが熱っぽくて

「風邪かもしれませんね。はい、じゃあ口を開けてください。」

あーんと開けた口の中を彼が観察している。おもちゃの聴診器を手にして『お医者さんごっこがやりたい!』と、彼が言い出した時はどれだけグダグダになるのかと少し心配だったけど、なかなか真面目にやっているのでリアル感がある。

「少しのどが腫れていますね。では、胸の音を聞くので上着をまくってください。」

私はおとなしく上着をたくし上げる。彼には私のブラジャーが丸見えだ。さすがに、恥ずかしい

「はい、ちょっと失礼しますね」

聴診器の冷たい感覚が胸に伝わる。ドキドキと鳴る心臓の音。ピンッと立ってしまった胸の先端を刺激する聴診器の感覚に、お医者さんごっこがクセになったらどうしようと、私は少し不安になった。

広告